通関士 資格

通関士の資格を通信講座で取得しよう!

当サイトでは、通関士(つうかんし)の仕事やその魅力、資格取得に関する試験の概要、通信講座の情報などをご紹介しています。

輸入や輸出をする際は、必ず税関を通らなければいけません。 通関士の資格
それには専門的な手続きが必要になり、その一連の手続きを代行(代理)するのが通関業者の役割で、業務を遂行するのが通関士の仕事になります。
通関士は、貿易手続きや輸入税務のスペシャリストで、貿易業界では唯一公的に認められた国家資格。

今後は、ますます中国を中心としたアジア方面の貿易が伸びることが予想され、この有資格者の需要や役割が大きくなり、ますます注目される資格となっています。

通関について

通関とは、海外から輸入された貨物を税関に申告して、関税・消費税を納めて輸入許可を得るまでの一連の手続きのことをいいます。通関の手続きは輸入も輸出も同様ですが、輸入時に関税が掛かる点が異なっています。

通関士が商談中!日常、私達の身の回りにある輸入食品や海外ブランド品などは、必ず税関の輸入許可が必要になります。
なぜなら、外国からの輸入の中には違法な貨物や輸入自体が禁止されているものが、日本に持ち込まれる可能性もあります。

そこで、輸入される際に通関でこれらをチェックして、日々円滑で安全な貿易が行なわれるように関税手続きが行われています。

スポンサーリンク

資格取得のメリット!

1.

拡大する貿易市場!
貿易の自由化や拡大に伴い、日本の年間輸出入申告件数は年々増加しています。海に囲まれた貿易立国の日本においては、今後さらに価値が高まっていく資格と言えます。

2.

幅広いニーズ!
船舶会社や航空会社、商社、倉庫業など、幅広い分野でこの資格は求められています。
また、日本の貿易を支えて国益を守るやりがいのある仕事です。

3.

貿易業界で唯一の国家資格
学歴や年令、経歴などの制限なく受験可能で、財務省管轄の国家資格です。
毎年約1万人が受験しており、その専門性から業界内で高い評価を受けています。

通関士のオススメ通信講座はこちら >

スポンサーリンク



ソーシャルメディア

 

 

↑ PAGE TOP