通関業者とは

HOME > 通関業者についてのページ

通関業者について

通関業者とは、輸入や輸出を希望する会社(依頼人)からの依頼により、輸出入に関わる一連の通関手続きを、代行(代理)してくれる会社(業者)のことをいいます。空輸

この通関業者は、日本全国に会社がありますが、特に神奈川県横浜市は他の地域に比べてもたくさんの通関業者があります。

これは、横浜港を通じて行われる貨物の輸出入の取り扱いが、他の港に比べて多いことが一つの要因となっています。

通関業者の役割

会社または個人が、ある貨物を海外へ輸出または輸入する時は、その旨を税関に申告して許可を受けなければなりません。申告する数が少なければよいのですが、外国との貿易を恒常的に行っているような会社では、そのほとんどの通関手続きを通関業者に依頼しています。通関士が商談中

なぜなら、輸出入に関わる申告書類の作成や税関との折衝には、専門的な知識が必要となるからです。

海外から商品を仕入れる場合の、物流を順を追って見てみましょう!
貨物船や航空機で ⇒ 国内に輸送 ⇒ 輸入申告手続き ⇒ 関税の納付 ⇒ 税関からの輸入許可 ⇒ 倉庫に搬入・保管 ⇒ 日本各地へ配送・納品という流れになります。

この一連の流れを見ると、申告手続き~関税の納付~倉庫への搬出入などを1つの会社で行った方が、効率的になるのは必然的です。

もし、これをそれぞれ別々の会社に依頼するとなると、とても効率も悪く、時間も掛かってしまいます。また、これらの手配を個人もしくは、一企業が行おうとすると、前述したとおり、非効率で高コストになってしまいます。

こうした理由から、通関業者に依頼をすると、通関手続きから倉庫の確保、配送・納品などを、別々に手配する必要もなく、とても便利だということが分かります。

こういった依頼を受けて、通関手続きの代理・代行を行うのが通関業者の主な役割です。

スポンサーリンク

通関業者と輸入代行業者の違い

輸入代行業者は、顧客から輸入の依頼があった場合、代行業者の名前で輸入を行い、それを依頼者である顧客に転売して利益を得ています。

一方で通関業者は、輸入の依頼のあった顧客(依頼人)の名をもって輸入および輸出の業務を代行する業者倉庫業者のことをいいます。

また多くの通関業者は、その通関業務を専業で行っているところは少なく、倉庫会社や運送会社、船舶会社、航空会社など、本業と通関手続きの業務を兼業している会社がほとんどです。

スポンサーリンク



ソーシャルメディア

 

 

↑ PAGE TOP