• ホーム
  • 世界初の飲むAGA治療薬!プロペシアの効果について

世界初の飲むAGA治療薬!プロペシアの効果について

2020年04月04日
悩んでいる男性

薄毛に悩みがある場合、世界では初の飲むAGA治療薬を試すことが良い選択となります。世界初の飲むAGA治療薬はプロペシアで、男性型脱毛症であるAGAの治療薬としてアメリカの会社によって開発され、フィナステリドが有効成分の飲む発毛剤です。
男性で薄毛に悩みを抱え、市販の育毛剤などで対策をしている人も少なくありませんが、AGAは進行性という特徴があり、自然に改善するという症状ではなく、放置していると薄毛は進行します。プロペシアは薄毛の原因となるDHTの産生を阻害することができるため、抜け毛を減らして男性型脱毛症の進行を抑える事が期待できます。

プロペシアは、世界60ヵ国以上で使用されており、日本でも2005年から発売されています。有効成分がフィナステリドのプロペシアは、毛根にあるAGAの原因となるDHTという男性ホルモンから作られる物質の生産量を抑えることで治療し改善する飲む治療薬です。
AGAは成人男性の見られる額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなる状態で、原因となるDHTは5αリダクターゼによって男性ホルモンのテストステロンから作られ、DHTが多くできると髪の毛のヘアサイクルの成長期が終わり、髪の毛は退行期や休止期に移行するため、太い毛に成長する前に抜け、細く短い髪の毛が多くなることで薄毛となります。

飲むAGA治療薬もプロペシアの特徴のひとつですが、服用は1日1錠を毎日服用し、6か月以上で改善の効果を実感する事が期待できます。服用したからといってすぐに改善するという内服薬ではなく、飲み始めてから3か月程度で抜け毛が減少するなどの効果が現れる事もありますが、効果を実感するには6か月間の連続服用は必須です。薬が効いている場合には、約6か月すると脱毛の進行は止まり、髪の毛は増え始め、さらに増毛効果が期待できるのでは服用してから6か月から1年程度は必要になります。
プロペシアを服用する際の注意点は、男性のAGAが原因による症状のみに適用するため、他の原因による脱毛症などに適用はなく、未成年への有効性は確立されていないため、未成年に対しての処方はありません。また、女性への適用もなく、妊娠や妊娠している可能性のある女性や授乳中は服用しません。服用する際は、割るなど衝撃を与えないように注意します。それは有効成分のフィナステリドは、触れただけでも吸収される成分なためです。特に妊娠や妊娠している可能性がある女性がいる場合には、取り扱いには注意が必要です。

これが原因の薄毛は自然に治るということもなく、治療しないと薄毛が進行します。日本での臨床試験では対象患者の98%の人が前頭部や頭頂部の薄毛の進行を止める事に成功してい飲む治療薬のプロペシアは、1日1錠を6か月以上は毎日服用する内服薬です。ヘアサイクルを妨げるDHTの生産量が増えることで、前頭部や頭頂部の薄毛が徐々に進行するAGAは、有効成分のフィナステリドの働きでDHTの生産量を抑えることが期待でき、薄毛の進行を招くヘアサイクルの乱れを改善することができます。

関連記事
薄毛と遺伝って密接な関係はある?

父親が薄毛だと自分も薄毛になるのではと考える男性は少なくありません。薄毛になる原因には男性ホルモンの影響が考えられ、男性型脱毛症のAGAは、男性の薄毛の原因の90%以上と言われていますが、それは遺伝と密接な関係が考えられます。AGAになる仕組みは、男性ホルモンのテストステロンは主に睾丸から分泌されて...

2020年05月18日
AGAの原因は男性ホルモン!対処法はある?

薄毛の原因はいくつか考えられますが、AGAの薄毛は原因は男性ホルモンです。このホルモンは主に副腎や睾丸などで作られているホルモンで、男性ホルモンの大半はテストステロンです。テストステロンは、体の中の筋肉を発達させたり、体毛を増やしたり、皮脂の分泌を促すなどのホルモンで、男性特有の体つきや思考回路など...

2020年05月02日
フィナロはプロペシアのジェネリック!効き目に違いはある?

AGAの治療薬として、1日1回の飲むAGA治療薬のプロペシアは効果が期待できる内服薬ですが、病院で処方されても高額で続けられないという人には、プロペシアのジェネリックのフィナロがあります。プロペシアは、1回服用するだけで即効果が期待できる薬ではなく、6か月以上は1日1回服用することで効果を実感するこ...

2020年04月14日